人妻のマン汁が垂れ流し状態!熟年女性が好む変態イメージプレイを教えます!

MENU

テレセ慣れした熟女がマン汁を垂れ流す強烈イメージプレイ!

テレフォンセックスブーム。これは今から約20~30年前に日本中で巻き起こっていました。電話と言うツールは非常に歴史が古く、何と1950年代には日本でも企業や商店などでは普及し始めていたのです。一般家庭に電話が出回ったのは1970年代。今から40年以上も前の話になります。

 

電話の歴史

 

正確には70年代後半でしょうか?黒電話が一家に一台となってから、テレフォンセックスはテレビや映画などで頻繁にネタとして利用されるようになり、実際に電話を使ってテレフォンセックスを楽しむ人々が多くなりました。

 

やはり電話と言うツールは不思議な魔力みたいなものがあると思います。遠く離れた人々を一瞬で繋いでくれる。しかも、お互いに声と会話だけでやり取りするから、その会話への集中力は半端では無い。この状況でテレフォンセックスが浸透しないのはむしろ不自然と言える状況とも考えられます。

 

そして80年代に入ると、テレフォンセックスのブーム化に目をつけた業者などが続々とテレフォンセックスを商売にしようと様々なサービスを展開し始めました。

 

NTTが開発した伝言ダイヤルサービス

なんてのは正にテレフォンセックスの火付け役となったのではないでしょうか?伝言ダイヤルと言うインフラは極めて全うなサービスでしたが、エロが儲かると言うのはどの時代でも万国共通。直ぐに金になると直感した人々が伝言ダイヤルをテレフォンセックスサービスとして利用し始めたのです。

 

さて、2015年現在ではスマートフォンが新たなテレフォンセックス人気の起爆剤となりました。LINEが登場し無料音声通話が当たり前になると、通話料金を気にする事なくテレフォンセックスが可能になったので、多くの若い男女が気軽にLINEテレフォンセックスしている現状があります。

 

しかし、私は今の時代こそテレフォンセックスを昔から経験している熟年女性と楽しむべきだと思います。人妻や熟女さんとのテレフォンセックスは若い女性に比べて桁違いに激しいですし、プレイ自体が盛り上がる!

 

そして、彼女達とテレフォンセックスをする際に是非とも身に付けておいて欲しいのが

変態イメージプレイ

です。

 

正直言って、今の30代後半から50代のテレフォンセックス世代の人妻・熟女さんとテレフォンセックスするには、それなりのテクニックとトークスキルが必要になると断言できます。何故なら、彼女達はテレフォンセックスの深い魅力と本当の楽しみ方を知っているからです。

 

変態イメージプレイについてですが、彼女達と楽しむ際は飛びっきりの変態プレイや妄想を取り入れるべきだと思います。

 

例えば、

旦那とのセックスを語らせながらのテレフォンセックス

これは間違いなく盛り上がりますね。とにかく旦那とセックスを根掘り葉掘り聞き出しながら、自分とのセックスを比較し言葉責めなどを多用しながら相手の女性に陵辱を植え付けるのです。何とも言えない気分になった女性はマン汁を垂れ流し状態にしながらエクスタシーに達するでしょう。

 

過去の不貞行為を暴露させながら言葉責め

ツーショットダイヤルなどで知り合った熟女などの多くはヤリマンでビッチな女性である事が多い。過去に不倫や浮気などの不貞行為をしていた女性も多いので、あえてその行為を暴露させながら変態イメージプレイを楽しむのも盛り上がります。

 

不倫相手とどんなプレイをしていたのかを聞き出しながら、現在の旦那の気持ちを代弁して複雑な精神状態にさせるなんてのは間違いなく相手の女性は濡れますね。

 

このように、テレフォンセックス経験の多い人妻や熟女に対しては、ありえない程の変態プレイを持ち掛けた方が盛り上がりますし、濡れ具合も桁違いに変わってきます。

 


PAGE TOP