人妻が求めているロマン・感情を意識して言葉責めテレフォンセックスしよう!

MENU

人妻・熟女は激しさよりロマンと優しい感情を言葉責めテレセに求めている!

数十年ぶりに「101回目のプロポーズ」と「男女7人夏物語」「東京ラブストーリー」を一気に鑑賞しました。いや~今見ても「非常に面白い」の一言に尽きる!本当に、これらのトレンディードラマを見ると、今の地上波で流れているドラマがいかにつまらないかが鮮明に見えてきてしまう。

 

トレンディードラマで熟女の心を掴む

 

女優や男優の演技力については、間違いなく現代の方が抜群に上手いんです。しかしね?当時のドラマには役者達の根性や情熱が確実に剥き出しにされていた。もうね?山口智子の縁起なんか本当に酷いですからね・・・

 

でもね?それが何時の間にか癖になっているんですよね・・・

 

結局、万人を幅広く素直に感動させようと思ったら演技力なんてのは関係ない。ストーリー展開の波と気合の入った演技だけあれば他に何もいらないんだなと改めて実感しましたよ。それにしてもバブル期の肩パットとワンレンボディコンファッションは伝説的だ(笑)

 

私は思いましたね。今、トレンディードラマが放送されていた時に青春時代を送っていた若い子達。つまり、2015年で言う所の人妻・熟女さん達。彼女達を本気でテレフォンセックスでイカせようとする場合は、確実にトレンディードラマのノリが必要なんじゃないかとね?

 

言葉責めテレフォンセックスについても同じです。馬鹿みたいに屈辱したり、変態SMプレイを支持したり、ドSキャラを演じてみたりしても結局、彼女達は濡れないんですよ・・・そりゃ一部のハードコアセックスを求める真性変態妻は別ですよ?

 

多くの人妻や熟女ってのは結局テレフォンセックスで男からの情熱やラテン系並のクサい言葉責めを求めてるんですよ!

浪漫!ロマンが大切なんです!

まあ、この話の大半が分からないと言う10代~20代の男性は一度で良いからTSUTAYAで「101回目のプロポーズ」と「男女7人夏物語」「東京ラブストーリー」を全部借りてきて鑑賞してみて欲しい。熟女が求める本当の「愛情やロマン」ってのが具体化されていますから。

 

そして

石田純一・織田裕二・三上博史・武田鉄矢・江口洋介・吉田栄作・大鶴義丹

になりきって優しい言葉責めテレフォンセックスしてみて下さいよ!

 

そんなプレイを熟女さんにしてあげれば、女性も

浅野温子・大竹しのぶ・浅野ゆう子・鈴木保奈美・菊池桃子・安田成美・田中美奈子・中山美穂・安田成美

に自分を重ねて下半身が大洪水ですからね。喘ぎ声も半端じゃ無い声に変わってくると思いますよ。まるで電話からビーストが雄叫びをあげている状態・・・刺激的ですよ?

 

クサいくらいが丁度良いんですよ!エロ妻さん達は男とのロマンを求めているのですから。

 


PAGE TOP