アベノミクスバブルで援助交際や割り切りする人妻は確実に減って来ている!

MENU

景気回復で援交や割り切り出会いから「人妻」達が足を洗い始めた?

日本は確実に景気回復している。既にこう感じている人は多いのではないだろうか?

 

まあ、消費税も3%増税されたし円安による影響で物価が上昇しているので、ダイレクトに金に余裕が出来たと感じている人は少ないのかもしれない。また、来年は既に2%の消費税増税が決定しているので、今貯金があっても将来に不安を抱える家庭が多いのも事実であろう。

 

しかし、給料自体は確実に上がって来ているのではないだろうか?

 

実際に私も民主党時代の数年前に比べると年収が二割程上がっている。素直に嬉しいと感じる。

 

先日は派遣社員の平均時給も過去最高を更新したとニュースで流れていた。この流れが加速すれば、徐々に一流企業から中小企業や派遣労働者までアベノミクス相場の恩恵を受ける事になるだろう。

 

さて、好景気になりつつある日本経済の現状だが、我々人妻ナンパ師にとっても追い風が来ているのかもしれない・・・

 

ここ最近の人妻専門ツーショットダイヤルや出会いアプリ、SNSなどヤリ目的な人妻とやり取りしていると、以前に比べて

 

援助交際、割り切り、サポなどの言葉を聞く事が少なくなって来た

つまり、金を要求してセックスを提供する事で生計を立てているセミプロ妻が減少していると言う事だ!

 

これは、間違いなく景気が上がっている証拠だと私は確信している。

 

ライブドアショックから始まった日本経済の低迷。そして、新興株の崩壊の直後に起きたサブプライム問題からのリーマンショック事件。この世界同時経済崩壊は100年に1度の暴落と言われている。

 

日本経済の崩壊

 

この世界的に起こった景気減速は間違いなく日本の人妻や熟女を含めた女達を売春の道へと誘導したと言えるだろう。

 

当時の出会い系やセフレ掲示板はとにかく援助交際女達の巣窟と化していた。メールや書き込みをすれば直ぐに援助交際の条件についてを切り出して来るエロ奥様達。

 

恐らく、この時の人妻達の家庭の経済状況は火の車だったのだろう・・・

 

だから、セックスして小遣いを稼いでいたのだ。

 

2015年現在、日経平均株価は既に二万円を固めて来た。旦那の給料が上がった人妻は徐々に援助交際や割り切りから足を洗い始めている。

 

しかし、彼女達は金とセックスの交換からは足を洗ったが

割り切ったセックス自体は辞められない

のが特徴的だ。

 

人妻や熟女という年齢層はセックスへの欲求や性欲が非常に高まる時期。

 

つまり、現在の出会い系サイトやツーショットダイヤルでは、援交では無く純粋にセックスを目的とする性に飢えた人妻と出会えるチャンスが高いと言う事だ。

 


PAGE TOP