90年代のテレクラブームを実際に経験した「人妻」のエロさは別格である!

MENU

主婦・人妻でも90年代テレクラを経験した女性は圧倒的にエロい!

多くの男達の間で確実にエロの象徴的な言葉として使われている

 

人妻と呼ばれる女達

本来ならば既婚している女性の事を表すだけの意味を持つ言葉だったが、人妻という言葉は時代と共に様々なAVやエロメディアに使われ、結果的にエロの象徴的に扱われるようになったと私は感じている。

 

テレクラ経験のある人妻を狙って欲しい

 

まあ、本質的には人の旦那の女だから羨ましいという感情がエロスに転換したという方が分かりやすいかもしれないが・・・

 

本題に入ろう。

 

ツーショットダイヤル番組を使い、人妻達を口説いたりナンパする。又はエロ電話して楽しむ方はこのサイトにはゴロゴロしていると思いますが、改めて皆さんに聞きたい。

 

本当にエロい人妻を相手にしていますか?

上記でも述べたが、人妻は多くの男からエロい印象を持たれているのは事実。しかし、所詮はイメージであり確率の問題的な部分が強いだけという考え方も出来る。

 

人妻といっても、中には性欲の少ない女性もいるし、旦那を心から愛しておりどんなに他の男が口説いても浮気や不倫などは全て拒否する女性はいるのだ。

 

まあ、人妻回線が用意されたツーショットダイヤル番組でれば前提として「アダルトに特化した電話コミュニティー」という側面が強いので、上記のような真面目な人妻は少ないのがメリットとも言える。

 

しかし、良く考えて欲しい。

 

現状のツーショットダイヤルには主にテレフォンセックス目的、話し相手、そして出会い目的の3種類の女性が見事に分散している。

 

出会いやセフレを狙うとすれば、当然出会い目的の人妻を見極める必要がある。恐らく、ここまでは普通に出来ている人も多いだろう。問題なのはここから先なのだ!

 

90年代のテレクラを実際に経験した事がある人妻

私はツーショットダイヤルで人妻を狙うのであればテレクラ経験のある女をターゲットにするべきだと確信している。

 

基本的にテレクラのシステムはツーショットダイヤルと極めて近い。男女が電話というツールを利用して直接会話を楽しみ出会いに繋げるというシステムで成り立っているからだ。

 

テレクラは80年代後半から90年代後半まで社会現象を巻き起こす程のブームとなったサービス。テレクラブームのピークは1995年辺りだったと記憶している。そして、テレクラが急激に終息して行った原因は未成年女性の利用による淫行事件や援助交際の横行により、テレクラを規制するテレクラ規制条例が施行された為だ。

 

彼女達の多くは16歳~18歳の少女達だった。私が注目して欲しいのは彼女達が2015年現在何歳なのかと言う点だ。16歳だとしたら38歳になっている。

 

この年齢層の女性は俗に言われる「人妻や熟女」達ドストライクである。

 

ならば、彼女達とツーショットダイヤル番組を使い出会いやセフレをゲットするのであれば、90年代にテレクラを使ったことのある女性達を見極めれば効率的というのが私の考えだ。

 

テレクラ経験があるという事は電話を介して男達と会話し気が合ったら待ち合わせをしてセックスまでした事がある。「本当にエロい人妻」という点では確実にマッチングしている女性と言える。

 

ツーショットダイヤルを使い、女性のテレクラ経験を聞きだす事は難しい話ではない。単純に電話が繋がった女性と雑談話を楽しみ素直に聞けば良い。

そういえば、キミは昔テレクラって使った事ある?

この質問に対して、テレクラ経験のある女性であれば直ぐに食い付いてくるだろう。

 

女友達同士でテレクラにイタ電した思い出

 

テレクラで初めて男と出会った時の体験談

 

テレクラで出会った強烈な男の思い出話

上記のようなネタがガンガン飛び出し、テレクラ話で盛り上がるだろう。

 

こんな人妻を狙えば良いだけの話なのである。ハッキリ言って私の経験上、テレクラを過去に経験して来た人妻は普通の女に比べて別格にエロい女が多いと実感している。セックスに行き着くまでの時間も最短だ。

 

ツーショットダイヤルを利用して最短にエロい人妻と出会うなら是非とも「90年代にテレクラ経験のある」女性をターゲットにしてみて欲しい。

 


PAGE TOP